ナベヤンのプロフィールと自己紹介

ナベヤンって誰?

初めまして、ナベヤンこと渡邊裕太と言います。

この度は『ネットビジネスで自分の人生を取り戻す旅』へ訪問していただきありがとうございます。

本記事では、僕の自己紹介、実績、経歴、このブログやメルマガで伝えたいことを記載させていただきます。

ナベヤンの自己紹介や実績

2017年4月から大学卒業から独立し、ネットビジネス専業で生計を立てるようになりました。

2015年3月ネットビジネスと出会う(大学3年生)

2015年3月 トレンドアフィリで月収5000円達成

2015年4月 トレンドアフィリで月収1万円を達成

2015年5月 トレンドブログが爆発し月収10万円を達成

2015年6月 月収2万円。短期トレンドだけに頼ったブログ運営に限界を感じる。資産化を考え始める。

2015年9月 ネットビジネスコミュニティに引っかかり借金30万円。

2015年10月 ノウハウが使えなさすぎたが借金を返済するための資産を作るために頑張る。

2015年11月 本格的に独学でコンテンツSEOを学び資産となるサイト構築を目指す。

2016年3月 仕組みで月収5万円を達成

2016年5月 仕組みで月収10万円を達成

2016年7月 仕組みで月収20万円達成(大学院進学を辞め独立を決意

2016年10月 仕組みで月収40万円

2017年4月 月収100万円達成

厄年で色々あった

2018年8ヶ月連続月収100万円達成

経歴

ハンドルネーム ナベヤン・受験化学コーチわたなべ(渡邊裕太)
年齢 25歳
アフィリエイト開始日 2015年3月
座右の銘
  • 毎日、これが人生最後の日と思って生きなさい。やがて必ず、その通りになる日が来るから
  • 与えられたものなんかじゃ何も得られない(UVERworld LIFEsize)
好きな事や人
  • ビジネス
  • サイト作り
  • 気の合う仲間と仕事したり飲んだりすること
  • UVERworld
  • 食べること
  • ゲーム
嫌いな事や人
  • 人を犠牲にしてでも自分が稼ぎたいと思っている人
  • とにかく人を支配しようとする人
  • きゅうり
  • チンピラ・不良・怖い人
  • 礼儀礼節を知らない人(特にネット上で)
  • 「お客様は神様だ」という考えを押し付ける客(それはお客側が思うことではない)
  • イライラが顔や態度に出る人(周りに気を遣わせるバカ)
  • 年下だからといきなりタメ口の人
  • 詐欺商品だとわかりながらプロダクトローンチで無理やり販売していう人
人の好き嫌いはほとんどありません。よほどおかしい人以外。
ナベヤンの実績まとめ
  • 従業員0でウェブ上の「受験化学」業界を制覇
  • 日給150万円を達成
  • 個人レベルの受験サイトでは日本最大級の集客力「月間50万PV」を達成
  • 広告費0円でメルマガ読者2万人越え
  • 受験指導で「京都大学医学部」「筑波大学医学部」のような超難関校の合格者多数輩出
  • 化学の知識ほぼ0の絶望的状況から慶応大学合格へ導く
  • 毎日平均50人以上のメルマガ登録者数を誇る
  • たった20記事で月間8万PVを達成
  • 超低PVでのマネタイズに精通(1PVあたり496円という異次元の数字
  • 高額商品を成約率11%越えで80本以上販売
  • 30万円を超える高額商品もメールだけで販売
  • 無料オファーアフィリエイトで20万円の仕組み化を完了
  • 某無料オファーアフィリエイトセンターの2ティアアフィリエイター230人突破!
  • 日給150万円達成
  • サイトアフィリエイトで1記事のペラサイトから月収15万円達成
  • ダイエットでも3ヶ月で-15kg達成

このように、「稼ぎ方」を語るだけの人ではなく受験ビジネスをしっかり軌道に載せながらもビジネス指導もしております。

1つ1つの証拠や詳しい内容はこちらの実績を詳しく扱っているコースをご覧ください。

ナベヤンのこれまでのビジネスの実績まとめナベヤンがこれまでのビジネスで実践してきたことや実績をまとめるページを作りました。ビジネス系の実績だけでなく受験ビジネスでの実績もあります。教育者として、そしてビジネスマンとしての実績を両方を載せておきます。...

無限複製可能なコンテンツを作り、自動で売れる仕組みを作るだけで自由になれる

ということで、ここまで経歴や実績の話がメインになってしまいましたが、本ブログやメルマガでお伝えしたいことをお伝えします

あなたにお伝えしたいことは、「ネットビジネスを通して、あなたの人生や自由を取り戻す」ことです。

手に入れるではなく”取り戻す”のです。

そして、その方法は「情報コンテンツ」を扱い、「情報コンテンツによってそれを販売する仕組み」を作ることです。

これらの実績の共通点は、メディア(ブログ、Twitter、Youtube、などなど)を運営して集客して、「情報コンテンツ」を販売するビジネスをしています

 

僕のブログやメルマガでは、まずは「ブログ」と「メルマガ」で情報発信をすることで自分一人の力でいきていける力をつけてもらいます

 

僕がやっているビジネスのポイントはたった2つです。

これをやるだけで月収100万円を超えることも可能ですし、仕組みだけで一切働かなくても稼ぐことができます。

  1. コンテンツを作る
  2. コンテンツを届ける仕組みを作る

ネット上に営業マンと商品を配置しておくだけ

「情報」は無限に複製します。このブログ記事を5人が見ても、5万人が見ても全く僕の労力は変わりません

このように、ネット上のブログ記事やYoutubeの動画は1度作れば永久に働き続けるのです。

じゃあ、そんな記事を量産していけばどうでしょうか?

スーツ軍団

渾身のブログ記事や動画のようなコンテンツをネット上にアップロードすれば、あなたの優秀な営業マンが24時間365日ずっとあなたの代わりに働き続けてくれます

あなたが例え羽を伸ばしにハワイ旅行に行っても、文句1つ言わずにあなたの銀行残高を増やし続けてくれます

 

旅行に行ってハンモックに揺られて、彼女とお土産をお金のことを気にせず買っていたのに、帰ってきたときの方がお金が増えていることなんてザラにあることです

では、「商品を販売するコンテンツ」を作ったらどうでしょう?

これがネットでGoogleやYahooの検索からブログ記事というコンテンツで人を集めて、コンテンツで商品を販売していくのです

ネット上にあなたが散りばめたコンテンツが、勝手に人を集めて、勝手に商品を売ってくれるようになるのです。

日本中で勝手に商談を決めてきて、商品を販売してくれるセールスマンになってくれるのです。

日本中で商談を決めてくる

こう言う記事を100記事、200記事と増やしたら? 100動画、200動画と増やしたら?

同時多発的にありとあらゆる場所から商品が売れまくり、様々な商品が売れる仕組みを作ることができるのです

組織も資金もない個人が自由になるには、コンテンツを扱う以外にないのです。

僕は、ブログやメルマガで、このビジネスに取り組んだことで、1ヶ月のうち生活費を稼ぐために働く時間は5時間もないです

今は、ビジネスにどハマりし別のビジネスを立ち上げたり、個人でビジネスを起こして自由な人生を送る人を輩出したりしています。

しょうご
しょうご
でも、商品を売るなんて特に営業もやったことないし、そんな技術ないよ。
ナベヤン
ナベヤン
いや、そんなことはないよ。なぜなら、ネットビジネスには全て「型」があるからね

売れるコンテンツは、「型」が決まっています。なので、その「型」通りにコンテンツを作るだけで人さえ集めれば簡単に売れていきます。

また、人を集めるコンテンツも「型」が決まっています。なので、人を集めるコンテンツも「型」を学んでその通りに作るだけなのです。

ネットビジネスの情報発信をしている理由

しょうご
しょうご
ネットビジネスで自由になれるのはわかりました。でも何でこんなことを教える活動をしてるんですか?
ナベヤン
ナベヤン
それはね。実は僕もネットビジネスに人生を助けてもらった1人だからなんだよ。もし、大学3年生の時にネットビジネスと出会っていなかったらと思うと、ゾッとするよ・・・

僕がネットビジネスを始めた理由、そしてネットビジネスで自由になる方法を発信するようになったのは、理由があります。

それは、日本の社会での働き方に絶望したことと、いかに企業、国など権威にしがみつくことが危険かということに気づいたからです

働けば働くほど労働価値が下がり搾取される世の中

マクドナルド

大学2年生から某有名なハンバーガーショップで働いていました。完璧なマニュアル化がなされていました。

あんまりイメージはないかもしれませんが、ハンバーガーを作る仕事も去ることながら洗い物の仕事も大変な量あるのです。

それを一生懸命テキパキこなしていました。ある日1時間で終わらせる分の洗い物の量を30分で終わらせたのです。

すると、

「おお、じゃあ30分早いけど上がろうか!」

と言われました。すごく嬉しかったです。テキパキ仕事を終わらせると早く上がれるんだ! と。

しかし、あることに気づき

「え、出るわけないじゃん。当たり前でしょ」

と言われました。世間知らずでした。世間知らずの僕からしたら衝撃でした。

1時間の仕事を30分で終わらせると給料が減るのです

頑張った代償として、給料が減ったのです。こんなの受け入れてしまえばよかったのかもしれません。ですが、違和感が募りました。

別の日には、また同じように1時間の仕事を30分で終わらせました。すると、なんと次の仕事をガンガン押し付けられたのです

ナベヤン
ナベヤン
こんなの頑張る意味なくない?

こんな素朴な疑問を思いました。僕はそのハンバーガーショップで働いて、みんなテキパキ仕事をしているように見えました。

しかし、それは店長がいる前だけで、基本的にみんなサボることしか考えていませんでした。

僕もサボることを覚えて、

ナベヤン
ナベヤン
なんでこんな面白くもないことに、時間を費やして人生を無駄にしているんだろう・・・

そう考えるようになりました。

確かにこれはアルバイトの一例です。ですが、あなたはどうですか? 会社で少し結果が出たら残りの日数は遊んで休んでいても大丈夫ですか?

少なくとも大企業でそんなことは許されません。あなたの頑張り、あなたの努力に関係なく、働いた時間に対してのみ給料が払われます

つまり、あなたの時間を買い取ってその間に払う金額の何十倍もの労働を奪い取っているのです。

 

確かに、サボっている人にとっては会社は居心地いいかもしれませんね。でもね、、、

たった1度しかない人生なのに、サボりたくなるような仕事に1日の大半を奪われていることに気づいた方がいいです


丸ごと「本物」だったと、人は仮になんて生きていないし、仮に死ぬことも出来ない、当然だ。

問題はその当然に気がついているかどうか真に覚醒しているかどうかだっ!

すでにとっくに崩壊した大企業神話

ただ、ここまでのことはまだ我慢できる範囲です。自分を殺してでもだらだら生きて行けばこれまでの時代は少なくとも死ぬまでの生活に困ることはありませんでした。

しかし、それも戦後数十年のちっぽけな神話でした。

 

僕の父親は55歳でリストラに遭いました。有名大学を卒業し、その後堅い仕事である銀行員になりました。特に父が就職した当時は、銀行員になる=人生の成功でした。

 

そんな父も部下が横領したことで、出向させられて、さらに言及され「早期希望退職」を勧告されました。

今の50代で、勝ち組のサラリーマンだった父親でさえその状況です。

ナベヤン
ナベヤン
大企業に所属しようが安定なんてないのです。

と悟りました。その辺りから大企業というものに疑問を持つようになりました。

大企業の特徴
  • 大企業が安定しても部門ごとでは統廃合を繰り返している
  • 大企業の安定のために首を切られることがある。
  • 大企業は年功序列のせいで上が詰まり若い世代の出世は夢のまた夢
  • やることが細分化され会社の外に出ると使い物にならない人材になってしまう。
  • 細分化された仕事で自分の仕事がなんの仕事なのかわからない
  • 意味のない会議
  • 責任逃れのための上司の許可待ち

実は、当たり前のように目指していた大企業って幸せな人生を送る上で致命的な欠陥だらけなのです

しかし、周りの人全員が目指すから流されて目指してしまっていました。

 

日本の大企業の判断能力や衰退はすでに世界では常識になっているのです。

日本の企業は年功序列です。年功序列は崩壊したと言いつつ、どれだけ結果を出してもサラリーマンでは出世して給料をあげるのはままなりません。

 

それでいて、2017年10月29日の日本経済新聞で発表されましたが、3大メガバンクが大規模な人員削減をすると発表しました。

「いずれ銀行は消える」

という評論家さえいます。

頑張って働いた先の未来に絶望した

真面目に仕事をして、会社に時間や命を奪われて働いても、将来の保証はされないわけです。

 

このように、人生のもっとも大事な資源である「時間」を奪われ、自分が好きな場所に住む自由も奪われ、努力も報われず成果も会社に搾取される

 

それでいて、老後の安心も保証されていないのです。今の30代あたりからは、年金制度が全くアテにならない世代です。

 

それなのに、寿命だけはどんどん伸びていて、人生100年時代だと言われています。定年退職する65歳から35年も生きるのです。

 

年金はアテにならないし制度が改定されるかもしれない。だけども、35年も貯金を切り崩して生きていく。

 

僕たちは、一生お金に心を支配されて、本当にやりたいことも、人生を楽しむこともできないまま、お金と企業と国に心を蝕まれてたった一度の人生を奪われていくのです。

 

国を信じ、会社を信じて働き続けた50歳を超える人が僕のところにやってきて、ビジネスを学びに来てくれたのですが、このようなことを言っていました。

定年間際のおじさん
定年間際のおじさん
とてもじゃないけど、貯蓄と年金でやっていけるようなものではない。まだ末の娘を大学に行かせないといけない

このように、国を信じてきた人も平気で裏切られるのです。これが、20代30代の人がこのまま国を信じて、会社を信じて報われるでしょうか?

国に、会社に人生を賭けて、自分の家族を顧みずに働いたのに、まだお金に苦しむ人生を送るなんてあまりにも悲しいと思いませんか?

情報発信をして人生の全てを楽しみながらコンテンツへする

目覚まし時計

なぜ、こんな情報発信をしているのか?

「人生の目覚まし時計」という言葉を知っていますか?

「あなたの大切な家族、恋人の死」。本当に大切な人がいなくなって初めて、できたはずなのにしてこなかったことがわかります。

「ガンによる余命宣告」。さて明日あなたの人生が残り数ヶ月だと知らされます。これまでの人生であなたがやってこなかったことを悔やむでしょう。

このような突然の危機に直面し、初めて、人間は自分の「時間の使い方」と自分の本当に重要なこと」との間にギャップがあることに気づかされるのです

失意

予期せぬアクシデントで「人生の目覚まし時計」がなってしまってから、行動しても遅いのです

失って初めてわかることがあり、失う前にああしておけばよかったという経験は誰にでもあります。

高校生の時に告白したくてもできずに、言い訳を作っていたら大学で離れ離れになった。なんてこともありました。

ただ、こんなことは後悔ですみます。

それが後悔で済むレベルであればいいのですが、先ほど想像していただいたレベルだと後悔という言葉で簡単に片付けることはできないんですよね。

Live everyday as if it were the last day(今日が最後の日だとして毎日を生きろ)

今やっていることが、明日あなたの人生が最後の日だったとしてもやることですか?

僕は、毎日自分で見ている言葉があります。

「毎日、これが人生最後の日と思って生きなさい。やがて必ず、その通りになる日が来るから」

この言葉を知ったのが、下のスティーブジョブズのスタンフォード大学でのスピーチです。

明日もあなた、あなたの大切な人が健康なまま生きている保証なんてどこにもないのです。健康に生きている人でも病に倒れることはいくらでもあるのです。

今のあなたは明日死んでも後悔しないでしょうか?

僕は、毎日毎日やりきり明日死んでもいいと思えるような人生を全員に送ってほしいし、会社や上司にあなたの大切な人生を奪われて欲しくないのです。

おせっかいだと思います。だけども、僕は運よく大学生の時にこのことに気づいたのです。

今、僕が自由に過ごせているのはただこの言葉に出会ったのが早かっただけなのです。

 

この中であなたはいくつ常識だと思いますか?

  • いい学校に行き、いい会社に就職すれば幸せ。
  • 週休2日で9時から17時まで働く
  • 出世のためには残業も仕方がない
  • 一度会社にいたらいかに上司に気に入られるかが勝負
  • 大企業の正社員か公務員が勝ち組
  • いい企業で働けているんだから家畜の檻のような通勤の電車に詰め込まれるのは仕方がない。
  • 会社の判断で転勤になり家族と離れ離れで過ごすのは仕方がない。

僕には、全て異常に感じます

常識とは都合のいい洗脳である

僕は、これらが常識だと思えなくなってから無性に怒りを覚えました。これまでの大学までの教育、高校教師の教え、親の教え、全て怒りに変わりました。

あなたも怒りが芽生えていきませんか?

本当に現状の不満を当たり前で済ましていいのですか?

1人1人が自分の力で稼いで自分の人生と自由を取り戻すためのメルマガ

本来、人は遊牧民のように1日の全てを自由自在に使えて当然なのです。それが人として生まれた権利です。

ただ、それを考えさせないように教育で

  • 良い大学に行きましょう。
  • 良い企業に就職しましょう。
  • 定年まで働きましょう。
  • 会社で出世したら幸せになれます。
  • 今は残業が辛くても後々楽になれます。
  • 年金をもらって老後の心配を無くしましょう。

こんな風に僕らを洗脳して都合の良いロボットのようにしようと仕向けてきます

高校の時に、本当にハツラツとしていて面白かった同級生たちが、休日に合コンする話しかしなくなりました。

毎日見るに堪えないツイートをしている同級生に胸が痛みます

 

ただ、暗い話ばかりしてきましたが僕らにも希望はあります。この資本主義の世界で唯一自分の人生を取り戻す方法があります。

それが、自分の力でお金稼ぐことです

金

お金があれば、たった一度しかない人生の大半を好きでもない仕事で無駄に過ごすことなく、自分が本当にやりたいことだけを追求できます

そこに綺麗事もへったくれもありません。誰にも迷惑をかけずにお金を稼げば、誰に文句を言われるわけでもなく自分の好きな趣味に没頭できるし、愛する人を幸せにできるのです。

自由な人生を得るのではありません。自由な人生を取り戻すのです。

なぜなら、もともとあなたの人生だからです

彼女に「明日USJ行かへん?」って行って、夜8時の新幹線でいきなりUSJに行ってそのまま「ついでに九州行こうや!」と行って、帰る日を決めずにいつの間にか宮古島に1ヶ月滞在することになってもいいのです。

「今週末草野球の試合あるから!」と言って一切仕事をやらずに、1週間バッティングセンターで打ちまくってもいいのです。コーチをつけてもいいですね。

 

明日からハワイ行こう! と突然あなたの恋人に提案してもいいんです。お金のことなんて一切気にせずにあなたの愛する人を精一杯幸せにしてあげたらいいんです。

 

これらは、あなたが当然得るべき権利なのです。このような「自由な人生」を取り戻すための方法をメルマガで情報発信をしています。

メルマガ登録はこちら